東京、高崎、館林など関東各地のオフィスで相談可能。医療機関や医療関連企業の相談や顧問業務の問題はAIT医療総合法律事務所にご相談ください。

離婚

離婚の原因と問題

一口に離婚と言っても、その原因は様々で、場合によっては複数の原因や問題が混在していることがあり、普遍的な対応方法はありません。

  • 離婚の原因

    • 不倫
    • 性格の不一致
    • モラルハラスメント(モラハラ)
    • ドメスティックバイオレンス(DV)
  • 離婚により発生する問題

    • 財産分与、清算
    • 慰謝料
    • 子どもの親権・監護権
    • 子どもの精神状態への配慮

離婚を切り出す前に弁護士に相談を

先に弁護士に相談するメリット

弁護士に相談する前に配偶者に離婚を切り出すと、相手方に警戒され、配偶者に有利な証拠作りの契機を与えてしまうことになります。その結果、財産・子どものことで不利な立場に立つ可能性があります。
また、証拠がないと自分に有利なこと(相手の不倫・モラルハラスメント・ドメスティックバイオレンス等)を証明できず、調停や裁判となった場合に裁判官に認めてもらえない可能性が高くなります。

このような理由から、離婚を思い立っても、切り出す前にまずは弁護士に相談することが大切と考えます。

弁護士に相談しても穏便な解決を目指すことが可能です

弁護士に相談すると、弁護士が配偶者に連絡してしまい、相手を刺激してしまうのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、弁護士法人AIT医療総合法律事務所では可能な限り弁護士が出ていかないで解決する可能性を模索する方針を取っています。
結果として、離婚しないで結婚生活を継続する、という決断になることも少なくはありません。そのような結論はむしろ幸せなことだと思います。

しかしいざという時は、強制的かつ終局的な解決のために、法的手続が必要です。 その際は、下のように、任意交渉・離婚調停・訴訟という手続きを順に経ることになります。
  1. 離婚の意思を伝える
  2. 夫婦間で話し合う
  3. 以下の金銭的な事柄について決める
    • 親権者
    • 監護権者
    • 養育費
  4. 未成年の子どもがいる場合は下記について決める
    • 財産分与
    • 慰謝料
    • 年金分割
  5. 話し合いがまとまったら離婚協議書にまとめ、そうでなければ調停や裁判に移行する
  6. 役所に離婚届を提出する

子どものケア

多くの離婚で問題となるのは、子どもについての問題です。離婚の際には、親権・監護権・面会権・養育費や、慰謝料的なことが問題となります。特に子供のことについては夫婦双方、互いに譲らずに、なかなか合意に至らないことも少なくありません。
そのため、ご両親の争いによって、子どもを犠牲にしないような配慮が必要です。

特に、お子様の発育の程度に応じた配慮 ・精神状態のケアという視点が有用です。
このようなケアについては、医療知識が役に立ちます。したがって、法律のみならず、医療の側面からもご家族にとって最善の解決策を探すことが重要と考えられます。

医療知識が役に立つ場合

その他、たとえば、ドメスティックバイオレンスにおいては、人格異常の問題が絡んでいる場合があります。
そうであれば、いくら話し合いをしたとしても、逆効果ということもあります。その場合には、医療知識を踏まえた対応が必要となります。

離婚について詳しくお知りになりたい方

弁護士法人AIT医療総合法律事務所
弁護士法人
AIT医療総合法律事務所
  • 東京本部
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-18グランベル銀座ビル702(地図)
    TEL : 03-6274-8164 FAX : 03-6274-8165
  • 高崎オフィス
    〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルIII 2-A(地図)
    TEL : 027-329-5043 FAX : 027-329-5063
  • 群馬館林
    オフィス
    〒374-0039 群馬県館林市美園町16-1 やおともビル201(地図)
    TEL : 0276-76-2910 FAX : 0276-76-2920
医療機関の顧問弁護士をお探しの方へ

弁護士法人AIT医療総合法律事務所では弁護士と医師の知識と経験を活かし、幅広い相談を受け付けております。
お気軽にご相談ください。