東京、高崎、館林など関東各地のオフィスで相談可能。医療機関や医療関連企業の相談や顧問業務の問題はAIT医療総合法律事務所にご相談ください。

医療問題

医療問題の特性

医療問題は様々な事案から発生するものですが、共通して言えることは、医療の専門知識だけでなく、医療現場で実際に働いたことのある経験が必須であるということです。 診断書や鑑定書の吟味をすることも多くありますし、医師や歯科医師等の専門家と専門的な話をしなければならないことも多いので、机上の知識だけでは、解決に至りません。

そのため、医療問題の解決には医療機関や介護施設での勤務経験の有無が圧倒的な差となります。医療現場の前提知識を持っていることで、専門家と直接話をすることができます
そして、これによってスピーディかつ適切な判断をすることが可能となります。いわば、医療と法律双方の通訳的な役割と言えます。

医療問題の原因

患者さん側から見れば、十分に納得できないまま、医療を受け、その結果として事故が生じ、弁護士が医療機関代理人として突っぱねて、医療訴訟となる、という流れが多いと考えます。
そして、医療訴訟というのは、「訴訟」という文言からも明らかですが、「事後」に「金銭解決」する手段です。
訴訟となると、患者さんは原告になり、医療機関や介護施設は被告になり、病院ではなく裁判所で、裁判官に裁いてもらうという構図に変貌します。

このように事態が悪化するのは、以下の原因があると考えられます。

  1. そもそも医師との人間関係・信頼関係に問題があった
  2. その医療機関・介護施設の医療安全体制に問題があった
  3. (お互いに)言いたいことが事前に言えなかった
  4. 単純な手術ミス(ヒューマンエラー)
  5. 医療機関側の弁護士の対応ミス

これらに共通していることは、すべて事前に問題があったということです。
そして、1.~4.は医療安全(=医療訴訟予防)に関するものであり、事前に弁護士が介入することにより、医療訴訟は相当程度防ぐことができる、ということを意味します。また5.は、事前に医療機関と関わっていなかったり、事情聴取が不十分だった弁護士や、状況を理解できない弁護士が患者さんを怒らせてしまったというケースが代表的です。
事後になって、医療機関や介護施設と患者さんが相対立してしまうという不幸な構図にしないために、医療機関や介護施設と、患者さんと双方が「事前」にできることを一緒に考えていきましょう。

弁護士法人AIT医療総合法律事務所では、医療機関及び保険会社からの医療事故(被告側)や交通事故についてのご依頼をお受けしており、事件の迅速かつ適切な解決に尽力させていただきたいと思っております。
医療機関及び保険会社のご担当者様は、是非ご相談・ご依頼ください。

医療問題について詳しくお知りになりたい方

弁護士法人AIT医療総合法律事務所
弁護士法人
AIT医療総合法律事務所
  • 東京本部
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-18グランベル銀座ビル702(地図)
    TEL : 03-6274-8164 FAX : 03-6274-8165
  • 高崎オフィス
    〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルIII 2-A(地図)
    TEL : 027-329-5043 FAX : 027-329-5063
  • 群馬館林
    オフィス
    〒374-0039 群馬県館林市美園町16-1 やおともビル201(地図)
    TEL : 0276-76-2910 FAX : 0276-76-2920
医療機関の顧問弁護士をお探しの方へ

弁護士法人AIT医療総合法律事務所では弁護士と医師の知識と経験を活かし、幅広い相談を受け付けております。
お気軽にご相談ください。