東京、高崎、館林など関東各地のオフィスで相談可能。医療機関や医療関連企業の相談や顧問業務の問題はAIT医療総合法律事務所にご相談ください。

監査の帯同

監査とは

監査とは、個別指導の結果、診療や請求について疑わしいとされた場合に行われる審査のことです。
しかしながら、2017年10月1日から、柔道整復師の療養費請求においては、個別指導を経ないで監査することができることになりました。

監査とは、強制的な手続きであり、拒めば保険取り扱いができなくなるおそれがあります。これまでは個別指導が先に行われ、その後で監査だったのに、強制的な監査がいきなり行われるというのは相当な衝撃です。柔道整復師であれば、これまで以上にカルテをしっかりと正しく記載することが求められることでしょう。

もっとも、医科や歯科や薬局、その他は関係ないという考えは通用しません。保険請求の仕組みという点において共通するのですから、明日は我が身と考えなければなりません。医師・歯科医師、その他についても今の段階からカルテの記載に注意が必要でしょう。

弁護士による監査の帯同

個別指導の帯同と同じく、監査においても弁護士が帯同することで返還額の減少や処分の軽減に効果的です。監査でお悩みの方は、是非ご相談ください。

医療機関においては受難の時代であり、これまで以上に年々厳しく審査されることになります。ただ、ピンチこそチャンスです。当たり前の正しい請求をし続けることが何よりの繁栄につながります。なぜなら、きちんとしていない医療機関は自然とつぶれていくからです。
この機会に一度専門家に確認されたいという医療機関の方は、是非弁護士法人AIT医療総合法律事務所にご相談ください。

弁護士法人AIT医療総合法律事務所
弁護士法人
AIT医療総合法律事務所
  • 東京本部
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-18グランベル銀座ビル702(地図)
    TEL : 03-6274-8164 FAX : 03-6274-8165
  • 高崎オフィス
    〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルIII 2-A(地図)
    TEL : 027-329-5043 FAX : 027-329-5063
  • 群馬館林
    オフィス
    〒374-0039 群馬県館林市美園町16-1 やおともビル201(地図)
    TEL : 0276-76-2910 FAX : 0276-76-2920
医療機関の顧問弁護士をお探しの方へ

弁護士法人AIT医療総合法律事務所では弁護士と医師の知識と経験を活かし、幅広い相談を受け付けております。
お気軽にご相談ください。