東京、高崎、館林など関東各地のオフィスで相談可能。医療機関や医療関連企業の相談や顧問業務の問題はAIT医療総合法律事務所にご相談ください。

医療訴訟(被告)

医療訴訟を起こされたら

大事なのは医療安全体制を主張すること

医療安全体制を整えて、患者さんやそのご家族の対応も適切に行ったとしても、訴訟を起こされる場合があります
しかし、しっかりとした医療安全体制を整えて、患者さんやご家族の対応も真摯に行ったにもかかわらず、それでも訴えられたということであれば、この時点で相手方は無理筋の主張をしていることになり、医療機関や介護施設が訴訟において負ける可能性はほとんどないということになります。

このように、医療機関や介護施設に落ち度がなかった場合でも訴訟になることはあり得るため、しっかりとした対策が必要です。

医療訴訟は落ち度の有無と関係無い

その一方で、医療機関や介護施設に落ち度があった場合でも必ずしも訴訟になるわけではありません。訴訟外で、和解となることも少なくありません。
ただし、訴訟前の和解が不調に終わったり、賠償額で折り合いが付かなかったりする場合には訴訟は避けられないでしょう。

医療機関に落ち度があった場合でも、落ち度がなかった場合でも、しっかりとした医療安全体制を整えていたのであれば、訴訟で負けることはほぼありません
司法も医療に対して100%の成功を求めているわけではなく、社会的・道義的な責任まで追及されることはありません。なぜなら、失敗したから責任追及、ということが認められては、医療はできなくなってしまうからです。

交通事故と医療事故の違い

交通事故と医療事故を例に挙げると、両者の根本的な違いは、結果に対して責任を負うか否か、という点です。

交通事故

まず、交通事故についてですが、交通事故は結果について責任追及されます
どんなに気をつけていたとしても、結果が生じたのであれば、基本的に責任を取らなければならないということを意味します。

医療事故

これに対して、医療は結果について責任追及されることはありません
医療は、しっかりとした医療安全体制を構築して、それを実践していれば、責任追及されることは通常あり得ないのです。

ですから、医療安全体制をいかに構築していたかが裁判の帰趨を決定します。
これらのことが意味するのは、医療事故については、適切な医療安全体制の構築がなされていたのであれば、万が一医療事故が生じ、不幸な「結果」が生じたとしても、医療機関や介護施設が法的な責任を負わされるという事態は避けられる可能性が非常に高いということになります。

日頃から医療安全体制を整えることが大切

このように、医療事故は、医療安全体制をしっかり整え、それに則って医療を行っていれば、ほぼ防ぐことができます。また、訴訟で負けるという事態もほぼ防ぐことができるのです。

とはいえ、医療訴訟を提起されるまでは、医療安全体制を構築することや医療訴訟の予防に向けてなかなか意識が高まらないのが現状です。
ですので「これまで大丈夫だったからこれからも大丈夫とは言えない」ということを今一度意識してみてください。

弁護士法人AIT医療総合法律事務所
弁護士法人
AIT医療総合法律事務所
  • 東京本部
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-18グランベル銀座ビル702(地図)
    TEL : 03-6274-8164 FAX : 03-6274-8165
  • 高崎オフィス
    〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルIII 2-A(地図)
    TEL : 027-329-5043 FAX : 027-329-5063
  • 群馬館林
    オフィス
    〒374-0039 群馬県館林市美園町16-1 やおともビル201(地図)
    TEL : 0276-76-2910 FAX : 0276-76-2920
医療機関の顧問弁護士をお探しの方へ

弁護士法人AIT医療総合法律事務所では弁護士と医師の知識と経験を活かし、幅広い相談を受け付けております。
お気軽にご相談ください。