東京、高崎、館林など関東各地のオフィスで相談可能。医療機関や医療関連企業の相談や顧問業務の問題はAIT医療総合法律事務所にご相談ください。

事務所紹介

代表挨拶

弁護士法人AIT医療総合法律事務所の代表の鈴木です。弁護士は自由業と言われますが、仕事については、とにかく大事にしていることが3つあります。

  • ポイント1

    レスポンスが速いこと

    これは、有事の際だけではありませんが、依頼者の多くは、不安を感じながらご相談・ご依頼をされてくるのが通常です。その不安の感じ方は人それぞれですが、一番の「薬」は、よく話を聞き、丁寧に説明することにつきると考えております。
    そして、その不安を解消するためには弁護士のレスポンスが早いことが大切ですので、これを大事にしています。

  • ポイント2

    スケジュール管理を徹底すること

    弁護士は「自由業」に分類され、スケジュールの立て方は、各弁護士により区々です。
    しかし、そのスケジュールの重要度にもよりますが、ダブルブッキングや、合理的な理由のない安易なスケジュール変更はしてはならないと考えております。
    そのために、弁護士は、スケジュール管理を徹底することが大事と考えております。

  • ポイント3

    己を知ること

    弁護士は、法律の専門家です。しかし、あらゆる業界に精通することは不可能です。
    専門知識が必要な法律問題については、その業界にいた人、もしくは、それに特化して修行をした弁護士でなければ、適切な活動はできません。したがって、わからないことをむやみに引き受けないことが大切です。
    これが「己を知る」ということと考えております。
    また、時間的にこなしきれない仕事量を抱えないことも大事と考えております。そのため、顧問先やご紹介からのご相談・ご依頼を優先しており、レスポンス早く、確実に仕事をこなすことが大事であると考えております。

弁護士法人AIT医療総合法律事務所 代表弁護士・医師 鈴木孝昭

弁護士法人AIT医療総合法律事務所
代表弁護士・医師 鈴木孝昭

法律問題の多くで医療知識が役に立つこと

医療知識が役に立つ法律問題 医療知識がどのような役に立つのか
交通事故 後遺症の判断で、意見書や診断書の内容を素早く把握することができます。また、治療についてもフォロー致します。
刑事事件 罪名や責任能力が争いになった場合に、精神科医と連携し、法的な側面、医療的な側面、両面を加味した対応が可能です。
労働事件 代表は産業医でもあり、うつ病等で休職・復職判断する場合に、かかりつけ医と直接医療の話をして、法的判断を正確に行うことが可能です。
医療事件 過失・因果関係の判断について、医師としての知識・経験をフル活用し、スピーディーかつ円滑に事件の見通しをつけ、適切な訴訟対応が可能です。
医療と関連する法律問題 医療とどのように関連するか
医療・介護・製薬 医療そのものであり、医療的な側面、法的な側面からの分析が、経営判断に直結します。リスクマネジメントなくして新規事業はありえません。
健康・美容 広い意味での医療が、健康・美容分野といえます。定型的でない分、より想像力を膨らませて、医療的・法的なトラブルを予防することが大切です。
IT・ロボット手術・遠隔医療・その大量とITの分野 医療への応用に際し、法的な側面のみならず、実用化を見据えて、医療的な視点からリスクマネジメントやマーケティングを行うことが重要です。
医療機器・医療技術 医療をサポートすることを事業とするものであり、法的なサポートに際して、医療の現場の感覚が必要不可欠です。対面診療では生じ得なかったリスクに対して、フォローが必要です。

事務所開業にあたって

弁護士法人AIT医療総合法律事務所の特徴として象徴的なのは「医療」という名称を付した事務所であることが挙げられます。もちろん、医療訴訟も取り扱いますが、医療訴訟の専門という意味ではありません。むしろ、医療訴訟をできる限り生じさせないような医療安全体制の構築を目指しています。
このことに共感していただいた医療機関からの顧問のご依頼や、医療知識が必要な事件のご依頼も増え続け、日々、日本全国を飛び回らせていただいております。そして、全国の医療機関のみなさまからの便宜をよくするために、東京にも事務所を開設するに至りました。

もちろん、医師としての知識・経験を生かし、交通事故、労働事件、刑事事件、相続などの「医療」と関連する分野をはじめ、その他の一般民事、家事、刑事事件も幅広く取り扱うという意味を込めて、「医療総合」という名称となっております。

皆様が悩まれている、様々な問題に全力で取り組みたいと考えております。ぜひお気軽にご相談ください。

事務所概要

商号 弁護士法人AIT医療総合法律事務所
代表弁護士 弁護士・税理士・社会保険労務士 青木聡史
弁護士・医師・税理士 鈴木孝昭
弁護士 伊藤寛之
オフィス 東京オフィス高崎オフィス群馬館林オフィス

オフィス一覧

東京本部

住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-18 グランベル銀座ビル702
電話番号 03-6274-8164
FAX番号 03-6274-8165
アクセス 東京本部へのアクセス

高崎オフィス

住所 〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10 きむらビルIII-2階
電話番号 027-329-5043
FAX番号 027-329-5063
アクセス 高崎オフィスへのアクセス

群馬館林オフィス

住所 〒374-0039 群馬県館林市美園町16-1 やおともビル201
電話番号 0276-76-2910
FAX番号 0276-76-2920
アクセス 群馬館林オフィスへのアクセス
弁護士法人AIT医療総合法律事務所
弁護士法人
AIT医療総合法律事務所
  • 東京本部
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-18グランベル銀座ビル702(地図)
    TEL : 03-6274-8164 FAX : 03-6274-8165
  • 高崎オフィス
    〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルIII 2-A(地図)
    TEL : 027-329-5043 FAX : 027-329-5063
  • 群馬館林
    オフィス
    〒374-0039 群馬県館林市美園町16-1 やおともビル201(地図)
    TEL : 0276-76-2910 FAX : 0276-76-2920
医療機関の顧問弁護士をお探しの方へ

弁護士法人AIT医療総合法律事務所では弁護士と医師の知識と経験を活かし、幅広い相談を受け付けております。
お気軽にご相談ください。